FC2ブログ

四十にして惑わず




↓クリック↓して頂ければ 私にお小遣いが貯まります↓




孔子 「論語」の有名な教え
吾、十有五にして学に志し、三十にして立ち、四十にして惑わず、五十にして天命を知る

私は40代(50歳に近いが・・・)
四十の不惑は、「迷いがなくなり、フラフラせず、自分の信念に従い人生を生きてゆける」
ということだと、実際自分が四十になるまで解釈してきたが・・・


実は、「不惑」でなく、「不或」だったという解釈
自分がその当事者になって、やっと気付いた
不或とは、「区切らず」の意で、本当は「四十にしてくぎらず」
普通は、四十にもなれば、自分の居場所があり、自分の枠組みの中にとどまってしまう
今の自分の立ち位置を守ろうと保守的になる
前例踏襲の事なかれ主義では、年々、経年劣化したような中年になるだけだ
そこにしがみつかず、新しい領域にチャレンジしていかなければいけない


また、会社員としては、昇進・昇給から縁のない自分の状況を考えた
会社員として、会社の枠の中で働くことによって「得たもの」「失ったもの」
出会った人、会社の看板があるからこそ縁のある人、個人的にも繋がれる人
組織の中での、仕事の「向き」「不向き」
自分に対する会社の評価などを確認しながら
自分と会社との関係を徹底的に見つめ直すことである


四十にして惑わず
今の自分の枠組みの中にとどまっていてはいけない
その先に「天命」があるのか?
関連記事

コメント

非公開コメント

Stripes:しまうま

旧車COLNAGO E-1に乗っています

毎日、通勤60km頑張っていますが・・・
ファンライドです

仕事は 引越屋してます

検索フォーム

プロフィール

Stripes:しまうま

Author:Stripes:しまうま
旧車COLNAGO E-1に乗っています

毎日、通勤60km頑張っていますが・・・
ファンライドです

仕事は 引越屋してます

スポンサードリンク

QRコード

QR

スポンサードリンク

スポンサードリンク

おすすめ お酒




>





ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ